交番の壁に拳銃を「空撃ち」した疑い 巡査部長を懲戒処分・書類送検

交番の壁に拳銃を「空撃ち」した疑い 巡査部長を懲戒処分・書類送検

    交番の壁に拳銃を「空撃ち」した疑い 巡査部長を懲戒処分・書類送検交番内で拳銃の「空撃ち」をしたなどとして、愛知県警は24日、犬山署地域課の男性巡査部長(56)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とし、銃刀法違反(所持)の疑いで書類送検したと発表した。同日付で依願退職した

交番の壁に拳銃を「空撃ち」した疑い 巡査部長を懲戒処分・書類送検

    

愛知県警本部

写真拡大

 交番内で拳銃の「空撃ち」をしたなどとして、愛知県警は24日、犬山署地域課の男性巡査部長(56)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とし、銃刀法違反(所持)の疑いで書類送検したと発表した。

    

 同日付で依願退職したという。

    

 監察官室によると、巡査部長は2020年5月ごろ~21年11月下旬ごろまでの間、勤務する交番の待機室などで5回にわたり、壁やテレビに向けて、弾の入っていない状態で撃つ「空撃ち」をしたり、銃口を向けたりした疑いがある。

    「自分のための練習と、若手警察官に拳銃使用の重要性を指導するためにやった」と容疑を認めているという。

    

相关推荐


精彩评论