松野長官「一日も早く帰国実現」 拉致家族会25年

松野長官「一日も早く帰国実現」 拉致家族会25年

    松野長官「一日も早く帰国実現」 拉致家族会25年松野博一官房長官は25日の記者会見で、北朝鮮による拉致被害者の家族会が平成9年に結成して25年が経過したことに関して「一日も早い拉致被害者の帰国実現に向け、政府が一体となって全力で取り組んでいきたい」

松野長官「一日も早く帰国実現」 拉致家族会25年

    

松野博一官房長官は25日の記者会見で、北朝鮮による拉致被害者の家族会が平成9年に結成して25年が経過したことに関して「一日も早い拉致被害者の帰国実現に向け、政府が一体となって全力で取り組んでいきたい」と述べた。

    

松野氏は「ご家族からはお会いする機会に、長年にわたる苦しみと悲しみ、何としても結果を出してほしいという切実な思いを直接伺っている」と強調。

    家族らは北朝鮮への発信強化や、日朝首脳会談の早期実現を求めているが、「岸田文雄首相も拉致問題は内閣の最重要課題であると強く意思を表明をしている」と述べた。

    

家族会は初代代表だった横田めぐみさん(57)=拉致当時(13)=の父、滋さんや2代目代表を務めた田口八重子さん(66)=同(22)=の兄、飯塚繁雄さんが相次いで死去するなど、高齢化に直面している。

    

相关推荐


精彩评论